がまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事 ehon183

2,750円(税250円)

購入数
がまくんとかえるくんができるまで。
アーノルド・ローベルの全仕事

「がまくんとかえるくん」シリーズ、「ふくろうくん」など、
ユーモラスで温かみのある絵本を100冊以上手がけたアーノルド・ローベル。
この本は、2021年から2022年にかけてPLAY! MUSEUMなど日本各地の美術館で
開催される、「がまくんとかえるくん誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展」の
図録としてまとめられた1冊です。

内容は3部構成になっており、第1部では
「がまくんとかえるくん」の原画やスケッチ、下絵などとともに
ローベルが作品に込めた想いや、構想ノートから実際に絵本が出来上がるまでが
丁寧に紹介されています。

そして第2部では、1962年のデビュー作「マスターさんとどうぶつえん」を含む
主要な著作と、多彩な挿絵の仕事を、エピソードとともに。
挿絵の仕事では、作品によって全く異なるタッチを披露しており、
画家アーノルド・ローベルの豊かな才能を感じられる構成となっています。

第3章では、ローべルの娘のエイドリアンと息子のアダムに、
彼らが幼かった頃の家族の日常や、ローベルの子育て、晩年の様子についての
インタビューがたっぷり収録されています。

アーノルド・ローベルの1つ1つの仕事、絵やお話への想い、
そして一人の人間としての人生まで、ぎっしり詰まった1冊です。

・構成

第1章 がまくんとかえるくんの世界
変わりものと呼ばれても/お説教はまっぴら/きみがいてくれてうれしいよ/がまくんとかえるくんができるまで

第2章 アーノルド・ローベルの仕事
僕が絵本作家になったのは、他にできることがなにもなかったからだ/僕はきみで、きみは僕/ここがきみの居場所/ねぇ、お話を聞きたいかい? /僕は舞台監督で、衣装デザイナーで、幕を引くもの/お絵描きはデザート、お話づくりはホウレン草/コールデコット賞 受賞スピーチ

第3章 素顔のアーノルド・ローベル

年譜/全著作リスト

解説 僕も、彼の読者のひとりの子どもです(三木卓)

出版社:ブルーシープ
テキスト:岡本梓(伊丹市立美術館)・永岡綾>
>
編集:永岡綾・大久保美夏(ブルーシープ)>
デザイン:菊地敦己

[材質]紙
[サイズ]14 x 10 x 1 cm


おすすめ商品