絵本 ふしぎなえ 安野光雅 ehon034

990円(税90円)

購入数
安野光雅によるはじめての絵本
不思議な不思議な絵に、親子で夢中に!



のぼってものぼっても下へいく階段。
どうしてもさかさまに歩いてしまう横断歩道。

今や巨匠となった安野光雅が、
1971年に出版した初めての絵本「ふしぎな え」は、
フランスでエッシャーに衝撃をうけた安野さんが描いた、だまし絵絵本です。



なかなか出口が見つからない迷路。

見開きに絵が1つずつ描かれており、文字はないため、
まだ字の読めないこどもたちも、
想像力を働かせながら、いろんな見方で楽しむことができます。



アパートの正面から見ていると思ったら、実は上から覗いていた?!

大人にとっても、目線を変えてみることの面白さを
思い出せる絵本。
親子でストーリーを考えながら読むのもおすすめです。

作:安野 光雅
出版社: 福音館書店 (1971/3/1)
商品サイズ:26.2 x 19.6 x 0.8 cm


→そのほかのデザイン絵本はこちら

おすすめ商品