Spectator (スペクテイター) vol.47 土のがっこう hon17

1,100円(税100円)

購入数
1999年に創刊した年3回刊の雑誌「spectator」
ひとつのジャンルにとらわれず、地球上のあらゆる場所へ足を運び、
気になる人と言葉を交わし、体験できることはやってみる。
そうして手に入れた真実を、飾らない言葉で自由に表現できる存在であり続けたいという想いが、
"見物人""目撃者"という誌名には込められています。

47号の特集は「土のがっこう」。
個人的に家庭菜園やベランダでのコンポストを通して、近年土に引き寄せられています。
"プラスチックは土に還らない"ことから、生分解について興味を持たれている方も多いと思います。
そもそも土とはなんなのか、人類と土との関わりの歴史や、現在起こっている土壌の問題
そして有機農業や、コンポストに堆肥のお話まで。
また、土について深めたい方のための土本、土壌本の紹介など
とても内容が濃く、永久保存版の内容。おすすめです!

スペクテイター 47号
特集:土のがっこう CONTENTS

◆イントロダクション
土のせかいは、おもしろい
文/編集部 イラスト/河井克夫

◆基調講演 ようこそ! 土の世界へ
講師/福田直 インタビュー構成/編集部 イラストレーション/相馬章宏

◆学習まんが 土ってなんだろう?
作画/河井克夫 原作/福田直 構成/編集部
「土と日本人」
「土と人類」
「土壌侵食って何?」
「土と教育」
「土と有機農業」
「2008年以降」

◆ロング・インタビュー 土からのメッセージ
取材・構成/編集部
橋本力男「堆肥づくりは 感性の扉」
小泉英政「土から見えたものは」

◆土と仕事
土に救われた僕
文/モリテツヤ
土いじりを仕事にするまで
文/高谷裕一郎
土から教わる、おいしい哲学
文/齊藤はるか
野菜ジュースと堆肥
文/コウ ノリ
一〇〇〇の用途のある粘土
文/川内たみ

◆土と生活
《わたし》は土に還れるか? ──離れ小島でメンドリと暮らす
文/よしのももこ イラスト/ブックン

◆「恵みの土」
マンガ/まどの一哉

◆土の図書館
「土のまわり編」文/桜井通開
「土のいじん編」文/横戸茂
◆See You…
写真/浅田暢夫


この商品を買った人はこの商品も買っています

おすすめ商品