絵本 鹿踊りのはじまり ミロコ マチコ, 宮沢 賢治 ehon094

1,650円(税150円)

購入数
ミキハウスの宮沢賢治絵本シリーズ「鹿踊りのはじまり」



宮沢賢治の名作を、様々な絵描きたちとのコラボレーションで読むことができる
ミキハウスの宮沢賢治絵本シリーズ。
30冊目となる本作「鹿踊りのはじまり」の画家は
生命力あふれる絵が人気の、ミロコマチコさん。



青年 嘉十は湯治に出かける途中のすすきの原で、
うっかり手拭いを置き忘れてしまいます。
嘉十が取りに戻ると、5,6頭の鹿が寄ってきていて
ぐるぐるぐるぐる環になって廻っているのでした。

鹿踊りにみとれる嘉十。
そのうちに、不思議なことがおこります。
なんと、鹿のことばがきこえてきたのです。



「じゃ おれ行って見で来べが。」
「うんにゃ、危ないじゃ。も少し見でべ。」
「生ぎものだがも知れないじゃい。」
「うん。生ぎものらしどごもあるな。」

東北の方言で熱心にはなす鹿たちの姿はとてもユーモラスで、
その場の警戒感や、緊張感とミロコさんの絵がよく合い
親子でぐっと引き込まれてしまう民話風の絵本。

お話内容はしっかりしており、文字数も多いので
読み聞かせをするなら毎晩少しずつ。
感じにはすべて読み仮名がふってありますので、
小学生ぐらいから1人で読んでもらうこともできると思います。

作:宮沢 賢治
絵:ミロコ マチコ

[材質]紙

→そのほかのデザイン絵本はこちら

おすすめ商品