いつまでも大切なもの ヘルヤ・リウッコ=スンドストロム ehon084

1,728円(税128円)

購入数
フィンランドを代表するセラミック・アーティスト、ヘルヤ・リウッコ=スンドストロムによる絵本。



ヘルヤは、1962年にArabiaのデザイナーを務め、マグカップやオブジェなどの家庭用アイテムから、
学校や病院の壁画を飾る大きなレリーフや立体像まで、作品は多岐にわたります。
1977年に陶板を挿絵とする絵本の制作をはじめ、本書「いつまでも大切なもの」がデビュー作になります。



子どもたちに相手にされなくなったぬいぐるみたちを描いた「ぬいぐるみの涙」、
年をとった猫が、空飛ぶソファーに乗って天国へいくお話「青い天国へ行った猫」、
全自動の洗濯機を買った家族に見放された古い洗濯機のお話「すてられた洗濯機」の、
3編が収められています。



ぬいぐるみや、ソファーや、洗濯機など ”人でないもの” がそれぞれの気持ちを語る
ファンタジー的な展開に、きっとこどもたちも夢中になってしまうはず。

いずれも挿絵の色調は暗めですが、淡々としたなかにも
寂しさと、温かさが丁寧に描かれていて、読み聞かせにもぴったりの1冊です。

出版社: 猫の言葉社 (2014/6/4)
サイズ: 25.2 x 21.2 x 1 cm

おすすめ商品