絵本 100まんびきのねこ / ワンダ・ガアグ, 石井 桃子 訳 ehon029

1,080円(税80円)

購入数
ひゃくまんびき、いちおく、いっちょうひきの猫のおはなし



”むかし、あるところに、とても としとった おじいさんと、
とても としとった おばあさんが すんでいました。
ふたりは、こぢんまりした きれいな いえに すんでいました。
そして、いえの まわりには ぐるっと はなが さいていました。
それでも、おじいさんと おばあさんは しあわせでは ありませんでした。
ふたりは、とても さみしかったのです。”



かわいい、小さい、ふわふわした猫がほしい
というおばあさんの願いを聞いて、
おじいさんは猫探しの旅にでかけます。

丘を越え、涼しい谷間も通り、長い間歩いて、
ついに、そこらじゅう猫でいっぱいになっている丘にたどり着きます。

”ひゃっぴきの ねこ、せんびきの ねこ、ひゃくまんびき、いちおく、いっちょうひきのねこ。”

この中で一番きれいな猫を連れて帰ろう!と思ったおじいさん。
しかし、あの猫もこの猫もかわいく見えてしまい、
とうとうそこらじゅうにいる全部の猫を連れて帰ることに・・・。



”いちおく、いっちょうひき”の猫にびっくり、おじいさんの欲深さに唖然、
そして猫たちの結末に衝撃を受けてしまう、名作絵本。

モノクロなのですが、イラストも味わい深く、
心から”よかったよかった”というお話ではないのに、
何度も読み返してしまいます。

子どもの頃に読むのと、大人になって読むのとでは、
かなり印象が変わるのではないかな、と感じる絵本。

ぜひ親子でゆっくり楽しんで、
お子さんが大きくなったら、もう一度読ませてあげてくださいね。

作・絵:ワンダ・ガアグ
訳:いしい ももこ

[材質]紙
[サイズ]26.8 x 18.8 x 1.2 cm


→そのほかのデザイン絵本はこちら

おすすめ商品