絵本 ピアノ調律師 M.B. ゴフスタイン ehon085

1,980円(税180円)

購入数
「人生で自分の好きなことを仕事にできる以上に、幸せなことがあるかい?」



ピアノ調律師のルーベン・ワインストックは、小さな孫娘デビーと二人暮らし。
毎朝二人は、おはようのかわりに「フフフフーン」とドの音階をハミングします。
ルーベンは、デビーにピアニストになってほしいと思っていますが、
かんじんのデビーはおじいちゃんの仕事、ピアノ調律師に憧れています。

おじいちゃんの調律作業を本当に美しくて、おもしろいと思っていたし、
調律のときの鍵盤の音が、どんな音楽よりも好きでした。



”ピアニスト”についての絵本は多くあっても
”調律師”にフォーカスしたお話は少ないのではないかと思うのですが
音叉やチューニングハンマーや、ロングミュートなどの専門道具を使いこなし、
”ひとつひとつの音が最も純粋で美しくなるまで”、根気強く丁寧に調律を進める
おじいさんの仕事ぶりに、たちまち引き込まれてしまいます。

描写が丁寧で、読み聞かせしていても楽しく、
大人も子どもも、”職業”について考えるきっかけになる絵本。
ゴフスタインの「ゴールディーのお人形」とあわせておすすめです。

作:M.B. ゴフスタイン(著), 末盛 千枝子 (翻訳)
出版社: 現代企画室 (2012/11/1)
商品サイズ:19.8 x 17.2 x 1.8 cm


※絵本は多少キズ等見られるものもございますが、読書に差し障りのないものは良品としております。予めご了承くださいませ。

おすすめ商品